ロッテのルーキー安田&和田、筒香の打撃練習を見学「刺激になってくれれば」

©株式会社Creative2

DeNA・筒香に指導を受けるロッテ・和田(中央)と安田(右)【写真:細野能功】

筒香を育てた大村コーチ「フルスイングの安田、和田の最終(形)が筒香」

 ロッテのドラフト1位ルーキー安田と育成ドラフト1位の和田が12日、親子ゲームの恩恵(?)をたっぷり享受した。

 午前11時からZOZOマリンでイースタン西武戦に出場。安田は7回に右前打も、1-1の9回2死三塁とサヨナラのチャンスでは空振り三振。イージーなファールフライをとり損ない、三塁ゴロエラーもあるなど守備ではミスが目立った。和田も9回代走で牽制死を喫した。

 DeNA戦の試合前練習では早速、鳥越1軍ヘッドコーチから「安田、お前はバッティングじゃない。守備だ。マンツーマンでやる」とスローイングから基本動作の猛特訓を受けた。守備特訓が終わると、今度は大村2軍打撃コーチからの指名で和田と2人、居残りでDeNA筒香の打撃練習を見学した。交流戦でなければ、見る機会がないだけに、ルーキーにとっては得難い経験だ。

 大村コーチはDeNAで1、2軍の打撃コーチもつとめ、筒香を育てたことでも知られている。「(筒香は)4年目の秋、がっちりやった。今、2人に教えていることを(筒香の練習方法を見て)納得してくれればいい。フルスイングの安田、和田の最終(の形)が筒香。刺激になってくれれば」(大村コーチ)と成長を願っていた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)