ゲームバーの経営者ら逮捕、京都

全国初、著作権侵害疑い

押収されたゲーム機やソフト=13日午前、京都・中京署

 飲食物を提供し、家庭用ゲーム機で遊ばせる「ゲームバー」で、メーカーの許可を得ずにゲームの画面を映し出したとして、京都府警は13日までに、著作権法違反(上映権侵害)の疑いで、いずれもゲームバー経営の西尾勇樹容疑者(32)=京都市北区、鯉島良容疑者(32)=同市下京区=と店長の計3人の男を逮捕した。府警によると、ゲームバーの摘発は全国初。

 3人の逮捕容疑は4月、任天堂(京都市)やカプコン(大阪市)などの許可を得ず、京都市中京区や下京区の2店舗で客に家庭用ゲーム機のソフトを貸し、モニターにゲームの画面を映し出して著作権を侵害した疑い。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。