自公、カジノ法案成立に全力

会期延長幅、判断へ

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は13日午前、東京都内で会談し、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案や受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案に関し、今国会中の成立に全力を期す方針を確認した。20日に会期末を迎える今国会の延長幅は、参院の法案審議を見て近く判断することも申し合わせた。

 IR法案を巡って、立憲民主党の辻元清美国対委員長は国会内で自民党の森山裕国対委員長と会い、衆院内閣委員会での審議時間をさらに確保するよう要請。森山氏は週内の衆院通過に理解を求めた。辻元氏は「体を張って阻止する」と反発した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る