「救済義務ない」と国が主張

©一般社団法人共同通信社

 旧優生保護法に基づく強制不妊手術を巡る訴訟で、国側は13日に開かれた仙台地裁の口頭弁論で「救済制度を立法する義務があるとまでは言えず、違法ではない」と主張した。