スター・ウォーズ:人気キャラ・チューバッカが6メートルに巨大化! ナナちゃん人形が“変身”

映画「スター・ウォーズ」シリーズのチューバッカに変身したナナちゃん人形(中央)

 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、チューバッカが約6メートルに“巨大化”し、13日、名古屋駅前にお目見えした。名古屋駅前のシンボル「ナナちゃん人形」が同キャラクターに“変身”したもので同日、お披露目式が行われた。29日まで展示される。

 ナナちゃん人形は、身長610センチ、体重600キロの巨大マネキン。1973年に名鉄百貨店前(名古屋市中村区)に設置された。コスチュームは約2週間ごとに着替えており、企業や地域のキャンペーン衣装や、キャラクターのコスチュームを着ることでも知られている。

 チューバッカは「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの相棒。関係者によると、今回のコスチュームは、劇中のチューバッカに忠実にデザインされ、特にフェークファーを使用した毛の色や質感にこだわったという。デザインが完成してから約1カ月かけて制作された。

  今回の企画は、ソロを主人公にした映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、29日公開)の公開を記念して開催中の、名古屋鉄道とのコラボの一環で実施。お披露目式には、名古屋を拠点にするアイドルグループ「チームしゃちほこ」の秋本帆華(ほのか)さんらも登場した。

©株式会社MANTAN

Curated by

mobcast

mobcast

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。