21年1月までに非核化達成

米国務長官、期限を明示

会談会場のホテルを並んで歩く北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(ロイター=共同)

 【シンガポール共同】ポンペオ米国務長官は13日、北朝鮮の非核化について、2021年1月までのトランプ大統領の1期目任期内にほぼ達成したいとの考えを表明した。米朝首脳が署名した12日の共同声明には非核化期限は明示されておらず、米政府高官が具体的な日程に言及したのは初めてとみられる。

 ポンペオ氏は、北朝鮮との非核化交渉が行き詰まれば、トランプ氏が中止するとしていた米韓合同軍事演習を再開することになるとの認識も示した。その上で、北朝鮮は非核化を確認するために徹底的な検証作業が行われることを理解しているとも述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む