26年サッカーW杯は3カ国共催

史上初、米・カナダ・メキシコ

2026年サッカーW杯の開催地に決まり、喜ぶ米国、カナダ、メキシコの招致関係者ら=13日、モスクワ(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は13日、モスクワで開いた総会で2026年ワールドカップ(W杯)開催地の決選投票を行い、史上初の3カ国共催を掲げた米国、カナダ、メキシコに決まった。初開催を目指したモロッコとの一騎打ちで、結果は134―65(2候補とも選ばずが1票)だった。

 26年大会は現行の32から48へと出場チーム数が大幅に増加し、試合数も64から80に増えるため、開催総経費は推計21億6千万ドル(約2397億円)の巨額に上った。

 計画では米国で60試合、カナダとメキシコで10試合ずつを行う。北中米カリブ海地域では94年米国大会以来の開催。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

CYCLE

CYCLE