山中伸弥氏がパリで大阪アピール

万博誘致最後のプレゼン

13日、BIE総会で行われた2025年万博誘致を目指すプレゼンテーションで、スピーチする山中伸弥・京都大iPS細胞研究所長=パリ(共同)

 【パリ共同】博覧会国際事務局(BIE)は13日、パリで総会を開き、2025年国際博覧会(万博)誘致を目指す3都市のプレゼンテーションがあった。大阪を候補地とし「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに掲げる日本は、ノーベル賞受賞者の山中伸弥・京都大iPS細胞研究所長が再生医療の取り組みを続けていくとスピーチした。11月の開催地決定に向け事実上最後のアピール。

 世耕弘成経済産業相と誘致委員会会長の榊原定征経団連前会長も、大阪への支持を訴えた。プレゼンは、ロシアは「技術革新」をキーワードに展開。アゼルバイジャンは「人材の活用」というテーマを繰り返しPRした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る