北海道開発局の元職員逮捕へ

ふん尿処理事業で収賄容疑

 国土交通省北海道開発局が発注した家畜ふん尿処理事業に絡み、富山県の建設会社に便宜を図った見返りに接待を受けたとして、道警は収賄の疑いで旭川市に住む元開発局職員の男を近く逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で13日、分かった。

 元職員は数年前、別海町の家畜ふん尿処理事業の工事で建設会社に便宜を図り、旅行などの接待を受けた疑いが持たれている。捜査関係者によると、贈賄容疑で建設会社社長も逮捕する方針。

 元職員は当時、開発局釧路開発建設部の根室農業事務所(別海町)で第1工事課長を務めており、その後は函館開発建設部を経て昨年10月に退職した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。