米、3カ月ぶり利上げ

2%到達、年内さらに2回

記者会見する連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長=13日、ワシントン(UPI=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)は13日、景気の過熱を防ぐため、約3カ月ぶりに利上げを決めた。主要政策金利の上限は世界的な金融危機リーマン・ショック直後だった2008年10月以来、約9年8カ月ぶりに2%に到達する。FRBは景気判断を「堅調」に上方修正し、年内にさらに2回の利上げを見込んでいると表明した。

 FRBは9月と12月の利上げを検討するとみられる。18年の利上げは合計4回となり、3回だった17年に比べペースが加速する見通しだ。新興国に流れ込んでいた投資マネーのドル回帰が進むなどして金融市場が動揺する恐れがある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。