21世紀フォックス、争奪戦に

米コムキャスト、7兆円提案

コムキャストと21世紀フォックスのロゴ(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米メディア・娯楽大手コムキャストは13日、米メディア大手21世紀フォックスに対し、娯楽部門を650億ドル(約7兆1700億円)で買収すると提案した。米ウォルト・ディズニーが524億ドルで同じ部門の買収に合意しており、米メディアの争奪戦に発展する可能性が高まった。

 コムキャストは昨年も買収を打診したが、21世紀フォックス側が、米当局に認められない可能性があると判断し、ディズニーを選んだ。米連邦地裁が12日、米通信大手AT&Tによる米メディア・娯楽大手タイム・ワーナーの買収計画を容認する判断を示したことを受け提案したとみられる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China