住宅火災で男女死亡、大阪阿倍野

住人の親子か

炎が上がる大阪市阿倍野区の火災現場=14日午前(近隣住民提供)

 14日午前3時45分ごろ、大阪市阿倍野区桃ケ池町2丁目の住宅から火が出ていると、近所の住人から119番があった。木造2階建てをほぼ全焼し、焼け跡から男女の遺体が見つかった。阿倍野署によると、住人の70代の男性と40代の娘と連絡が取れず、この2人とみられる。

 男性は3人暮らしで、妻(74)はけがをして病院に搬送された。同署は出火原因を調べるとともに、2遺体の身元確認を進める。

 現場はJR阪和線南田辺駅の約300メートル北の住宅街。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China