NY円、一時110円85銭

約3週間ぶりの円安水準

 【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は対ドルで下落し、一時1ドル=110円85銭をつけた。約3週間ぶりの円安ドル高水準。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースの加速方針を受け、円売りドル買いが優勢となった。その後、米国の中国に対する輸入関税を巡る米報道を受け、円が急速に買い戻された。

 午後5時現在は前日比02銭円高ドル安の1ドル=110円30~40銭。ユーロは1ユーロ=1.1786~96ドル、130円06~16銭。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。