米、対中制裁関税決定か

知財侵害で報道

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は13日、トランプ米政権が知的財産権の侵害を理由に中国製品に制裁関税を課す方向で最終調整していると報じた。早ければ15日に決定するとしており、実施すれば中国側の報復を招くのは必至だ。

 同紙によると、ホワイトハウスや商務省、財務省、米通商代表部(USTR)の関係者が8日に会合を開き、制裁関税を課すべきだとの意見で一致した。ただ、トランプ大統領の最終判断はこれからで、北朝鮮の非核化で中国の協力を得る必要があるため、方針が変更される可能性も残っているという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。