崎津の定時ガイド始めます 週末と祝日、先着20人 16日から

予約を受けて崎津集落の案内をしている天草宝島案内人の会のメンバー。6月16日からは定時ガイドを始める。奥は崎津教会=天草市

 天草宝島案内人の会(金澤裕巖会長、58人)は、天草市河浦町の崎津集落で16日から土・日曜、祝日に定時ガイドを始める。崎津集落の世界文化遺産登録が確実視される中、観光客に集落の歴史と文化を知ってもらうのが狙い。9月30日まで。

 崎津ガイダンスセンターを出発し、集落内を説明しながら崎津諏訪神社、崎津教会と案内する約60分のコース。1人から参加でき、最大20人(先着)まで予約なしで当日受け付ける。

 「禁教下の歴史と、世界文化遺産に登録されるよう勧告された価値を知ってほしい」と同会。時間は午前10時と午後2時の1日2回で、10分前にセンターに集合。1人500円。

 定時外の案内は、今まで通り予約で受け付ける。天草宝島案内人の会(天草宝島観光協会内)TEL0969(22)2243。(谷川剛)

(2018年6月14日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第2弾は「日本一の奪三振男」野田浩司の原点を振り返ります。

ご購入はこちらから