籠池被告宅の入札28日から

大阪地裁、7月11日開札

籠池泰典被告の自宅=14日午前、大阪府豊中市

 民事再生中の学校法人「森友学園」の前理事長籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=の大阪府豊中市の自宅について、2月に強制競売の開始決定を出した大阪地裁は14日、入札の実施を公告した。期間は28日~7月5日、開札は7月11日で、同18日に地裁が売却の可否を決める予定。

 籠池被告と妻諄子被告(61)=同=は昨年7月に大阪地検特捜部に逮捕され、5月25日に約10カ月ぶりに大阪市の大阪拘置所から保釈された。自宅に戻っているとみられる。

 森友学園の管財人は籠池被告の経営責任を問い、損害賠償請求できる額の査定を求め、地裁が昨年12月に約10億3千万円と決定した。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。