完全非核化へ日米韓が連携

河野外相「北朝鮮の行動を注視」

ソウルで会談に臨む(左から)ポンペオ米国務長官、韓国の康京和外相、河野外相=14日(共同)

 【ソウル共同】ポンペオ米国務長官は14日、ソウルで河野太郎外相、韓国の康京和外相と会談した。ポンペオ氏は共同記者会見で、北朝鮮の非核化実現のため日米韓の連携が不可欠だと強調した。康氏は12日の米朝首脳会談が「終わりではない」とし、非核化への具体的措置に向けた協議が必要だとの考えを示した。河野外相は「北朝鮮が非核化に向けて具体的な行動を起こすのか鋭意注視していく」と述べた。

 ポンペオ氏は非核化プロセスが容易ではないとの認識を示しつつも「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は非核化が迅速に行われる必要性を理解している」と語り、日米韓に相違点はないと説明した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。