防衛省「導入方針は不変」

地上イージス配備候補地で

秋田県議会に「イージス・アショア」の検討状況などを説明する防衛省の深沢雅貴東北防衛局長(左)ら=14日午前、秋田市

 政府がミサイル防衛強化策として2023年度の導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、防衛省幹部が14日、配備候補地となっている秋田県を訪れ、県議会に導入方針は不変だと説明した。県側に「最適候補地」との考えを伝達後、県政与党の自民党からも異論が相次いでおり、丁寧な説明が不可欠と判断した。

 自民党の北林康司県議は、北朝鮮側が米朝首脳会談の際の共同声明で「朝鮮半島の完全非核化」を約束したことを念頭に「会談結果を踏まえると、配備しなくてもいいとの雰囲気が県民の中にある」と指摘したが、防衛省側は「導入方針に変わりはない」と強調した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。