15日までに熱帯低気圧が台風に 沖縄本島と先島激しい雨など影響も

 沖縄気象台によると、南シナ海にある熱帯低気圧が発達し、15日午前9時までに台風となる見込み。台風は東寄りに進む予想で、15日以降、沖縄本島地方と先島地方は、雷を伴って非常に激しい雨が降る所がある。大潮の時期に重なっており、同気象台は土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を呼び掛けている。

 沖縄気象台が14日午後、那覇市内で説明会を開いた。それによると、沖縄本島地方と先島地方は14日から15日にかけて強い風、16日は非常に強い風が吹く見込み。15日の最大風速は沖縄本島地方で17メートル、先島地方で18メートル。16日は本島地方、先島地方とも20メートルと予想している。

 15日正午までの24時間に予想される雨量は、沖縄本島地方と先島地方で150ミリ。16日正午までの24時間では、沖縄本島地方で100ミリから200ミリ、先島地方では100ミリから150ミリとなっている。台風の進路によっては、海上は大しけとなる。

 14日は梅雨前線と低気圧の影響で、沖縄地方の一部で強い雨が降っている。沖縄気象台は同日午後0時38分、沖縄市とうるま市に洪水警報を発表した。同3時半現在、解除されていない。沖縄地方は14日から15日にかけて、雷を伴う非常に激しい雨が降る所があり、土砂災害や河川の氾濫に注意が必要だ。【琉球新報電子版】

©株式会社琉球新報社