自民、参院定数6増法案を提出

今国会で成立の見通し

 自民党は14日、参院選の「1票の格差」是正に向けて「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区選挙区を維持しながら定数を6増する公選法改正案を参院に提出した。無所属クラブが共同提出に加わった。公明党も採決では賛成する方向で、今国会で成立する見通しだ。

 安倍政権はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案の確実な成立を期す目的で会期を延長する方針。自民党は来年の参院選を見据え、1年以上の周知期間を確保するため、早期成立を目指している。

 公選法改正案は参院政治倫理・選挙制度特別委員会に付託されて審議し可決。衆院に送付された上で、衆院本会議で成立する段取りだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。