四国の美しい景観88カ所

「インスタ映え」が魅力

香川県三豊市の父母ケ浜(四国八十八景実行委員会提供)

 四国4県などで構成する「四国八十八景実行委員会」は14日、霊場の数にちなみ、選定された四国88カ所の美しい景観を発表した。国内外の観光客を増やすため「インスタ映え」する名勝などが選ばれた。

 大歩危峡(徳島県三好市)や桂浜(高知市)など昔から有名だった名勝に加え「東洋のマチュピチュ」として知られるマイントピア別子(愛媛県新居浜市)といった近年知名度の上がった場所を選定。父母ケ浜(香川県三豊市)など「インスタ映え」として有名になった場所も選ばれた。詳細は実行委のホームページで確認できる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る