サッカー日本、ロシアで初練習

W杯、拠点のカザンで

キャンプ地で初練習する本田(右端)ら=カザン(共同)

 【カザン(ロシア)共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表は14日、ベースキャンプ地となるロシアのカザンで初練習した。地元強豪クラブ、ルビンの施設にはモスクワから駆けつけた邦人ら約500人が集まって歓迎ムードが漂った。

 午後3時すぎでも気温18度、湿度40%と肌寒い気候の中、12日のパラグアイ戦で先発した香川(ドルトムント)らはランニングだけで引き揚げ、本田(パチューカ)ら控え組はボールを使って基礎的な動きを確認した。岡崎(レスター)は両ふくらはぎ、昌子(鹿島)は右太ももに張りを訴え、室内で別調整した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。