南北、軍通信の復旧で合意

将官級会談、成果乏しく不満も

14日、板門店での南北将官級軍事会談を終え、握手する南北の首席代表(韓国国防省提供・共同)

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は14日、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で南北将官級軍事会談を開いた。朝鮮半島の日本海側と黄海側に設置され一部が破損している軍当局間の通信を復旧させることで合意し共同報道文を発表した。

 南北交流拡大に伴う軍事境界線通過時の軍事的な安全保障措置の確立など多くの問題で合意できず、成果は乏しかった。北朝鮮側は会談最終盤に不満を表明した。

 南北は黄海での軍事衝突防止策をまとめた2004年6月の南北軍事会談の合意事項を順守することでも一致した。

 将官級軍事会談の開催は07年12月以来、約10年半ぶり。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

So-net

So-net

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。