ゴルフ、松山は前半で4オーバー

全米オープンが開幕

第1ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹=シネコックヒルズGC(共同)

 【サウサンプトン(米ニューヨーク州)共同】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は14日、ニューヨーク州サウサンプトンのシネコックヒルズGCで開幕し、昨年2位の松山英樹はリッキー・ファウラー(米国)らと同組で第1ラウンドをスタートして前半9ホールを終え、1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの4オーバーとなった。

 4月に米ツアー初優勝を飾った2年連続2度目の出場の小平智は出だしの10番でトリプルボギーをたたくなど、11ホールを終えて8オーバー。

 メジャー通算14勝のタイガー・ウッズ(米国)は3年ぶりの全米オープン。秋吉翔太、星野陸也は初出場。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China