ゴルフ、松山は前半で4オーバー

全米オープンが開幕

第1ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹=シネコックヒルズGC(共同)

 【サウサンプトン(米ニューヨーク州)共同】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は14日、ニューヨーク州サウサンプトンのシネコックヒルズGCで開幕し、昨年2位の松山英樹はリッキー・ファウラー(米国)らと同組で第1ラウンドをスタートして前半9ホールを終え、1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの4オーバーとなった。

 4月に米ツアー初優勝を飾った2年連続2度目の出場の小平智は出だしの10番でトリプルボギーをたたくなど、11ホールを終えて8オーバー。

 メジャー通算14勝のタイガー・ウッズ(米国)は3年ぶりの全米オープン。秋吉翔太、星野陸也は初出場。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

So-net

So-net

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。