強姦容疑の会社役員、時効27時間前に逮捕 10年前、女性の母が被害届け…川口署が執念の捜査

 2008年に10代の女性に性的暴行を加えたとして、埼玉県の川口署は13日、強姦(ごうかん)の疑いで、川口市戸塚1丁目、建設関係の会社役員の男(37)を逮捕した。強姦罪の公訴時効は10年で、逮捕したのは時効成立の約27時間前。さいたま地検は14日、男を強姦罪で起訴した。

 県警によると、男は「記憶にない」と否認しているという。

 男は08年6月14日午後11時~15日午前2時ごろまでの間、川口市の住宅街で、当時10代後半の女性に「大声を出したら刺すぞ」などと脅迫。付近の公園などに連れていき、性的な暴行を加えた疑いで、逮捕された。

 同署によると、事件直後に女性の母親が被害を警察に届け出た。現場に残された遺留物の捜査などから、男が関わった疑いが強くなったという。男と女性は面識がなかったとみられている。

 男の所在が分からなくなったため、県警は男を指名手配。川口市内の知人宅にいたことが判明し、13日に同署員が任意同行を求めて、同日午後8時すぎに逮捕した。この事件の時効は15日午前0時。「逃げ得は許さない」という執念の捜査だったという。

送検される男=14日午前8時50分ごろ、川口署

©株式会社埼玉新聞社

Curated by

economy

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。