76本運休、63本遅れ4万人以上に影響

©一般社団法人共同通信社

 JR西日本は15日、山陽新幹線の事故で、76本が運休、63本が最大で約4時間20分遅れ、約4万1500人に影響が出たと明らかにした。