熱低、台風に発達か きょう夕先島、あす本島に最接近

 沖縄気象台によると、南シナ海の熱帯低気圧が15日午後3時までに台風に発達し、同日夕方には先島地方に接近する。沖縄本島地方への最接近は、16日の明け方から朝になる見込み。これに伴い、沖縄本島地方と先島地方は15日、雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る所がある。大潮の時期に重なっており、同気象台が土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。 同気象台によると、熱帯低気圧は与那国島の南海上を東北東に進み、15日午後3時には石垣島の西約60キロに達する見込み。中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は18メートルの予想。本島地方は15日に強い風、16日は非常に強い風が吹く見込み。海上はうねりを伴った高波となる。15日は本島地方、先島地方ともに5メートルの予想。

 15日午後6時までの24時間に予想される雨量は、本島地方で150ミリ、先島地方で120ミリ。16日午後6時までの24時間では、本島地方が100~200ミリ、先島地方で50~100ミリとなっている。

©株式会社琉球新報社