中国製ポンプ浚渫船「天鯤号」、初の試験航行に成功―中国メディア

中交天津航道局有限公司が12日に発表した情報によると、中国が初めて自主設計・建造したアジア最大級のポンプ浚渫船「天鯤号」が、約4日間の海上航行を経て初の試験航行に無事成功した。これは天鯤号が真の浚渫の武器になるため、重要な一歩を踏み出したことを意味する。今回の試験航行は長江口北角から浙江省花鳥山海域で行われた。新華網が伝えた。

「天鯤号」の全長は140メートル、幅は27.8メートル。最大掘削深度は35メートル、総出力は2万5843kW。設計上の浚渫量は6000平方メートル毎時で、リーマーの定格出力は6600kW。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Follow

レコードチャイナ

on

©株式会社 Record China

The World Video

世界中の厳選した動画に日本語説明を付けてみなさまにお届けします。

サイトを見る

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。