【ベトナム】主要都市で16~17日にデモ発生か=大使館[社会]

在ベトナム日本大使館と在ホーチミン日本国総領事館は14日、16~17日にかけて、各地でデモが起きる可能性があると発表した。ハノイやホーチミン市、中南部カインホア省ニャチャン市、中部ダナン市といった主要都市での警戒を呼びかけている。

発表では、「詳細の時間は不明」としている。ハノイではオペラハウスやホアンキエム湖周辺、リータイトー像周辺、ダナン市ではチャンフー通りとバックダン通りでデモが実施される予定という。ホーチミン市では聖母マリア教会(サイゴン大教会)周辺や、グエン・フエ通りの歩行者天国、ホアン・ヴァン・トゥ公園周辺(タンソンニャット国際空港付近)で実施予定。ニャチャン市は大劇場広場やチャン・フー通りでデモが発生する予定という。

デモに遭遇した場合は現場から離れるほか、不要不急の外出は控えるよう呼びかけている。

Follow

NNAアジア経済ニュース

on

©株式会社エヌ・エヌ・エー

NNA POWER ASIA PLUS

現地企業・市場の動向は?日系企業の進出は? ――日々のビジネスに欠かせない現地発の経済ビジネス情報を、国・地域や業種に絞って情報収集をしたい方にお勧めです。

無料トライアルはこちら

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。