【インド】ホンダ、大型二輪ゴールドウイング納車開始[車両]

ホンダはインドで「ゴールドウイング」の納車を開始した(同社提供)

ホンダのインド子会社、ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は13日、大型バイク「ゴールドウイング」の納車を開始したと発表した。日本で生産した完成車を輸入販売する。

同モデルは、水平対向6気筒の1800ccエンジンを搭載した「大型プレミアムツアラー」で、7速のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)を採用。高剛性のダブルウィッシュボーン式のフロントサスペンションを装備している。二輪車としては初めて、7インチのTFT液晶も備える。首都ニューデリーでの店頭価格は268万5,000ルピー(約438万円)。

今年2月にニューデリー近郊で開かれた自動車見本市「オートエキスポ2018」に出展。消費者の反応は上々で、35台以上の予約があったという。

Follow

NNAアジア経済ニュース

on

©株式会社エヌ・エヌ・エー

NNA POWER ASIA PLUS

現地企業・市場の動向は?日系企業の進出は? ――日々のビジネスに欠かせない現地発の経済ビジネス情報を、国・地域や業種に絞って情報収集をしたい方にお勧めです。

無料トライアルはこちら

Curated by

economy

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。