【カンボジア】グラブとインパクトハブ、起業家支援へ提携[IT]

世界で共同オフィス事業を手掛けるインパクト・ハブは12日、カンボジアの起業家支援に向けてシンガポール系配車アプリ大手のグラブと覚書を交わした。社会問題の解決を目指すスタートアップに対し、事業を成功させるための助言をするほか、認知度向上を後押しする。

インパクト・ハブ・プノンペンのオリビア・ハウ最高経営責任者(CEO)は「カンボジアは市場として重要になりつつある。革新的な企業と組むことで起業家の事業を成長させていきたい」と述べた。

グラブでカンボジア事業の責任者を務めるチャンダラ・ブン氏は「IT技術を活用することで、経済をダイナミックに変えていきたい」と話した。今回の提携には、グラブの次世代人材を発掘する部門グラブ・ベンチャーズも加わる。

Follow

NNAアジア経済ニュース

on

©株式会社エヌ・エヌ・エー

NNA POWER ASIA PLUS

現地企業・市場の動向は?日系企業の進出は? ――日々のビジネスに欠かせない現地発の経済ビジネス情報を、国・地域や業種に絞って情報収集をしたい方にお勧めです。

無料トライアルはこちら

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。