【タイ】タイ大手5社、VC500トゥクトゥクズ参加[経済]

©株式会社エヌ・エヌ・エー

投資ファンド「500トゥクトゥクズII」への参加を発表した各社の代表ら=14日、バンコク(NNA撮影)

米国のベンチャーキャピタル(VC)500スタートアップス傘下のタイ向け投資ファンド、500トゥクトゥクズは14日、タイの大手企業5社が新たな投資ファンド「500トゥクトゥクズII」に参加すると発表した。

500トゥクトゥクズIIに参加するのは、◇流通大手セントラル・グループ◇栄養ドリンク「レッドブル(クラティンデーン)」などを製造・販売するTCPグループ◇消費財大手サハ・グループ傘下の持ち株会社サハ・パタナ・インターホールディング◇タイ字紙大手のタイラット・グループ◇大手財閥TCCグループ傘下の生命・損害保険会社サウスイースト・インシュランス&ファイナンス・グループ——の5社。

500トゥクトゥクズIIは主に、新しい変革を起こす「破壊的技術」や「ディープ・テック」の開発を目指す技術系のスタートアップ企業に投資する。タイおよび東南アジアで150社への投資を目指す。

TCPグループのサラウット最高経営責任者(CEO)は「破壊的技術の進歩により当社を取り巻く事業環境も急速に変化している。500トゥクトゥクズを通じて先進的な技術企業に投資を行い、変革の波に対応したい」と希望を述べた。