新幹線殺傷、容疑者のノート押収

神奈川県警、動機を捜査

小島一朗容疑者の祖母宅に家宅捜索に向かう神奈川県警の捜査員=13日、愛知県岡崎市

 東海道新幹線で乗客の男女3人が殺傷された事件で、神奈川県警が殺人容疑で送検された無職小島一朗容疑者(22)の愛知県岡崎市の祖母宅から日記とみられるノートを押収したことが15日、捜査関係者への取材で分かった。小島容疑者は「人を殺したい願望は昔からあった」と供述しており、過去の記述から事件を起こした動機や経緯を調べる。

 祖母宅は小島容疑者が昨年12月まで暮らしており、県警が13日に家宅捜索していた。

 親族によると、ノートには「人生においてやり残したこと」として、「冬の雪山での自殺」「刑務所」など書かれている。自殺願望を話すこともあったという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。