米輸入制限は「破壊的」

IMF専務理事が批判

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は14日、米国経済に関する年次審査報告を発表した。トランプ大統領が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限は「世界をルールに基づく自由で公正な貿易制度から遠ざける」と批判。記者会見したIMFのラガルド専務理事は「貿易上の一方的な措置は(世界経済にとって)破壊的」と述べた。

 米経済の成長率は2018年が2.9%、19年が2.7%と予測。巨額減税や歳出拡大が高成長に貢献し、09年6月に始まった今回の景気拡大は、1991年から2001年まで10年間続いた過去最長記録を塗り替えるだろうと予想した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る