米輸入制限は「破壊的」

IMF専務理事が批判

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は14日、米国経済に関する年次審査報告を発表した。トランプ大統領が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限は「世界をルールに基づく自由で公正な貿易制度から遠ざける」と批判。記者会見したIMFのラガルド専務理事は「貿易上の一方的な措置は(世界経済にとって)破壊的」と述べた。

 米経済の成長率は2018年が2.9%、19年が2.7%と予測。巨額減税や歳出拡大が高成長に貢献し、09年6月に始まった今回の景気拡大は、1991年から2001年まで10年間続いた過去最長記録を塗り替えるだろうと予想した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む