ウメ「白加賀」収穫ピークに 高崎 農家が選果作業に汗

 群馬県のウメの主力品種「白加賀」の収穫がピークを迎え、高崎市上里見町のJAはぐくみ西部営農センターは連日、選果作業に追われている=写真。

 多い時で 1日60トンを選果。傷んだものなどを取り除き、機械で大きさごとに分けて箱詰めして 京浜地区や東北地方などに 出荷する。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

©株式会社上毛新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。