遺族の声を病院運営に 群馬大病院・田村病院長インタビュー

「開かれた病院を目指す」と語る田村病院長=12日午前、群馬大病院

 手術死問題を受けた医療安全態勢の向上に取り組む群馬大医学部附属病院(前橋市)の田村遵一病院長は14日までに上毛新聞のインタビューに応じ、「絶えず改善を進め、医療事故を風化させない」と語った。病院独自の医療安全週間(18~22日)に合わせ、遺族の声を病院運営に生かす委員会を設置することも明らかにした。

◎「絶えず改善進める」

 腹腔(ふくくう)鏡や開腹の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題の影響で、高度医療を提供する特定機能病院の承認を取り消されて3年。病院は5月末、厚生労働省に再承認を申請した。田村病院長は、改革や遺族対応が進展したとし「(信頼回復に向けた)社会からの要求を満たしつつある」と申請を判断した理由を説明した。

◎連携を確認 群馬大と自民県連

 群馬大医学部附属病院(前橋市)で腹腔鏡や開腹の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題を巡り、自民党県連所属の国会議員と群馬大の会合が14日、国会内で開かれた。同病院が5月31日に特定機能病院の再承認を申請したことを報告し、両者で連携していくことを確認した。

©株式会社上毛新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。