願いを込め園児が短冊 上毛電鉄七夕まつり号 ことしも出発進行

 群馬県の上毛電鉄は14日、七夕に願いを込めた飾りを施した「七夕まつり号」の運行を始めた。7月10日まで。

 前橋市のしょうび第一幼稚園(槙塚盛義園長)の園児が将来の夢を書いた短冊や絵、折り紙の飾りを作った。同市の中央前橋駅を訪れて車両を見学した園児27人は、自分や友達が書いた短冊をうれしそうに眺めていた=写真。車両は同駅と西桐生駅の間を1日6、7往復する。中央前橋駅には園児が七夕の飾りを付けたササも設置されている。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

©株式会社上毛新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。