日産、フォーミュラE第5シーズンに参戦を発表

日産自動車は2018年6月14日、4大陸12都市で開催されるABB FIA フォーミュラE選手権の第5シーズン(2018〜19年シーズン)への参戦を発表した。

今シーズンのフォーミュラEは、12月のサウジアラビアを皮切りに7月のニューヨークまで、12都市で13レースが開催される。開催が予定されている都市はベルリン、香港、マラケシュ、モロッコ、メキシコシティ、モナコ、パリ、ローマ、チューリヒで、中国(都市名は未発表)でも3月23日にレースが行なわれる。

この第5シーズンの特徴は、マシンが第2世代となり、 過去のシーズンのようにレースの途中で車両を乗り換える必要がなくなったというところにある。
レース中は200キロワットで走行するが、アクティベーション・ゾーンを走行する際には225キロワットまで出力を上げることができる。このパワーモードの状況は、コックピットを保護する「ハロ」デバイスに装備されたLEDライトの点灯で、、現地のファンやオンライン、テレビ観戦をしているファンにもわかるようになっている。
さらにファンは、「ファンブースト」システムを使って好きなドライバーに投票でき、投票上位3名のドライバーは一定時間、通常より多い最大出力250キロワットの電気を使用できるようになる。

Follow

autoprove

on

©株式会社モータープランニング

AUTO PROVE

AutoProve(オートプルーブ)はクルマ好きを満足させる自動車情報専門サイトです。「良いクルマは、なぜ良いのか?」を分かりやすくお伝えします。

オートプルーブ