創造の場 自ら創造 仙台の若手クリエーターが共同スタジオ設置

©株式会社河北新報社

共同スタジオとなる倉庫の図面を見ながら改装のアイデアを出し合うプロジェクト参加者ら=仙台市若林区の「ハトの家」

 仙台市内で活動する若手アーティストやクラフト系作家らが、意見を出し合い自らの手で共同スタジオを設置する「つくる場所をつくる! DIY PROJECT」が若林区卸町で進行中だ。制作場所に悩むクリエーターの活動の場にしようと古い倉庫を改装し、新たな表現・創作の拠点として11月開設を目指す。

 プロジェクトは、市の委託で仙台卸商センター(若林区)が運営する「とうほくあきんどでざいん塾」が企画。2012年から展開する若手クリエーター支援事業の一環で、今年4月に参加者を募集すると、35歳以下の13人が集まった。

 場所はセンター所有のイベントスペース「ハトの家」。鉄骨造り総2階で、延べ床面積は約700平方メートル。プロジェクト参加者が内部の改装作業に当たり、水道・電気工事や資材の提供はセンターが担う。今月中に全体計画をまとめ、7月初めに着工し、11月3日オープンの予定だ。

 プロジェクトリーダーに青葉区で「ギャラリーターンアラウンド」を営む関本欣哉さん(42)が就任。完成後は関本さんが施設全体を借り受け、区画ごとに貸し出す形式を取る。

 これまでの設計検討会で1階は立体造形物の制作エリアや事務所、2階は絵画・クラフト系の制作エリア、撮影・音響スタジオ、カフェなどの設置が固まりつつある。

 共同スタジオのメリットとして塾は(1)クリエーターが1カ所に集まり刺激し合うことで、創作に好影響をもたらす(2)多くの人が集まることによるにぎわいの創出(3)作品の常時展示による購入機会の増加-などを挙げている。

 スタジオは一般公開する予定。関本さんは「新たな表現が生まれる瞬間に市民が立ち会える場にしたい」と話す。