<楽天>初の4番ディクソン 「良い感じで打てた」胸張る

1回東北楽天2死二塁、ディクソンが先制の左前適時打を放つ。捕手大野奨

 初めて4番に入った東北楽天のディクソンが一回、2死二塁で先制の左前適時打を放った。「走者をかえすことだけを考えた。良い感じで打てた」と胸を張った。

 四回の中前打と合わせ2安打は、いずれも中日先発吉見のスライダーを捉えた。「自分で打つことができそうな球に狙いを定めることができた」と手応えを口にした。

 ほとんどの投手とは初対戦のため試合当日朝、相手先発の投球映像を見てイメージを膨らませる。研究熱心な助っ人は「これからもチームを勝たせたい」と意欲を見せた。

Follow

河北新報

on

©株式会社河北新報社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。