退団噂のグリーズマン、アトレティコ残留を宣言!デシャン代表監督の影響か

『ESPN』は14日、「フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、アトレティコ・マドリーに残留することを決断した」と報じた。

現在フランス代表のメンバーとしてワールドカップに参加しているグリーズマン。今夏はアトレティコ・マドリーを退団するのではないかといわれていた。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

その行き先はバルセロナではないかと伝えられており、その去就が大きく注目を集めていた。

しかし彼は今回スペインで放送されたドキュメンタリー『The Decision』の中で、アトレティコ・マドリーに残留することを宣言したとのこと。

フランス代表のディディエ・デシャン監督は、少なくともワールドカップの初戦までに来季の去就を決めるよう選手に要求しているといわれる。

トマ・レマールが先日アトレティコ・マドリーへの移籍を決断したが、おそらくそれもデシャンの影響があると考えられている。

アトレティコ・マドリーは他にもDFホセ・ヒメネスとの契約延長を発表しており、来季は非常に面白いメンバーとなりそうだ。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など

©株式会社コリー

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。