ホスト国が驚異のゴールラッシュ!ロシア対サウジアラビアの選手採点と寸評

グループリーグ(グループA)第一戦、ロシア対サウジアラビア。この試合に出場した全選手の採点と寸評、MOMは以下の通り。

試合結果

得点者

12分 ガジンスキー(ロシア)
43分 チェリシェフ(ロシア)
71分 ジュバ(ロシア)
90+1分 チェリシェフ(ロシア)
90+4分 ゴロヴィン(ロシア)

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

動画ハイライト

選手採点

ロシア

GK

6.0 イーゴリ・アキンフェエフ
シュート自体が飛んでくることがなく、ウォーミングアップにもならず。

DF

6.0 イリヤ・クテポフ
特筆するべきものはなかったが、サウジアラビアのFW陣を沈黙させる働き。

6.5 セルゲイ・イグナシェヴィチ
衰えを感じさせぬ文句なしの出来。チーム全体を締める「喝」も効いていた。

6.0 マリオ・フェルナンデス
時折戻りが遅れ、決定的な仕事もなかったが、及第点以上の出来。

6.0 ユーリ・ジルコフ
まさに「いぶし銀」のプレー。攻撃の組み立ても安定しており、セットプレーでも長所を見せる。

MF

7.0 ユーリ・ガジンスキー
まさかの「大会ファーストゴーラー」。ゴール以外でも多大な貢献をし、縦パスことごとく遮断。

7.0 ロマン・ゾブニン
無限のスタミナでボランチと右サイドで躍動。積極的な攻撃参加でチェリシェフのゴールも創出。

6.0 アレクサンドル・サメドフ(64分out)
地味ながらも随所で「効いていた」。正確なポジショニングと果敢なアタックは好印象。

8.0 アレクサンドル・ゴロヴィン
後述

5.5 アラン・ザゴエフ(24分out)
負傷離脱するまではMOM級の輝きを放っていただけに、非常に残念…。

FW

5.5 フョードル・スモロフ(70分out)
フィニッシャーとしては不完全燃焼も落ちてきてのポストワークやチェイシングは効果的だった。

交代

7.5 デニス・チェリシェフ(24分in)
パワフルな突破は相手守備陣に幾度となく脅威を与え、技ありのシュートを含めて2得点の結果を残す。

5.5 ダレル・クジャエフ(64分in)
ボランチで出場。見せ場はなく、ボールロストやアイデア不足のほうが気になったか。

6.0 アルチョム・ジュバ(70分in)
元エースが貫録のヘディングゴールを決めてみせた。ポストプレーもほぼ100%の成功。

サウジアラビア

GK

2.5 ヤシル・アル・ムサイラム
W杯に出場すべきでないレベルのセービングが散見。もう2、3点取られてもおかしくないボール処理も。

DF

5.5 ウサマ・ハウサウィ
大量失点を喫したが、チームメイトが地に足がついていない状態の中、一人だけ冷静なプレーを披露。

3.5 ウマル・ハウサウィ
相棒のウサマの足を引っ張るプレーを連発。失点シーン以外でも何度も肝を冷やすミスがあった。

3.5 ムハンマド・アル・ブライク
攻め上がりを試みたが、効果的なプレーは皆無。守備では後手になるばかりで、守備崩壊の一要因に。

4.0 ヤースル・アル・シャハラーニ
試合序盤に一瞬目立ったが、後は失速。カウンターからチャンスを掴むが、最終的には相手に捕まった。

MF

3.5 アブドゥラー・アティーフ(64分out)
攻撃の起点としても期待されたはずだが、裏切りのパフォーマンス。2失点目ではポジショニングを大きく誤る。

4.0 タイシル・アル・ジャーシム
ボールを受けても違いを見せられず。守備ではガジンスキーにヘディングを許して先制点を献上した。

4.5 サーラム・アル・ドサリ
チームを立て直そうと懸命だったが、最後まで存在感は見せられず。途中ポジションを移したが、何も起こらなかった。

4.0 サルマン・アル・ファラージ
前線へのパスはほとんど出せずに横パス中心。後半途中から左サイドに移動も変化なし。

3.5 ヤヒア・アル・シーフリ(72分out)
右サイドで機能不全。ボールロストが多発し、ピンチを生み出す問題児となってしまった。

FW

4.0 ムハンマド・アル・サハラウィ(85分out)
ロシアの両CBの前に手も足も出ず。唯一訪れた55分の決定機もパスにあと一歩反応できず終わる。

交代

3.5 ファハド・アル・ムワラッド(64分in)
流れを変えるために最前線に投入されるが、役割を果たせず。味方が送った貴重な縦パスも簡単に奪われた。

3.5 ハッタン・バヒーブリ(72分in)
右サイドで起用されるが、最後まで試合に入れず。82分には強引にシュートを放つがミートしなかった。

採点なし  ムハンナド・アシーリ(85分in)

MOM

8.0 アレクサンドル・ゴロヴィン(ロシア)

負傷したザゴエフの代わって前半途中から入り躍動したチェリシェフも捨てがたいが、「ロシアの新皇帝」の名に相応しいパフォーマンスを90分通して見せたゴロヴィンを選出。

序盤は左サイド、前半途中からトップ下にポジションを移し、随所で存在感を放った。

正確なキックで先制点と3点目をアシストするだけではなく、試合終了間際には「大会ベストゴール級のFK」で自らもゴール。両チーム通じてトップの走行距離を記録するなど、守備面やオフザボールでの貢献度も称賛に価した。

※出場時間が短かった選手は採点対象から除外
※10点満点の0.5点刻みでの採点
※MOM=マン・オブ・ザ・マッチ(最も印象的だった選手)
※採点者:カレン

【総力特集】ワールドカップ最新情報はこちらから

©株式会社コリー