毛染めでのアレルギー大幅低減へ

日華化学本社=福井県福井市文京4丁目

 日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスクを大幅に低減するヘアカラー用の新たな染料を開発した。同社の頭髪用化粧品ブランド・デミコスメティクスは「グロス染料」と名付け、秋ごろの製品化を目指す。

 東京都内で6月13日に開かれた本年度の繊維学会年次大会で発表した。

 今年1月に特許を出願。米国化粧品工業会で、開発した染料成分の国際名称を世界で初めて取得した。

 日華化学によると、ヘアカラー用の染料は4種類ある。一般的な「酸化染料」は分子が小さく、アルカリ剤によって髪内部まで浸透し、過酸化水素の働きで染料同士が結合して発色する。ただ、アルカリ剤や過酸化水素は髪へのダメージや頭皮への刺激を引き起こす要因になる。その他3種にはヘアマニキュアに含まれる「酸性染料」などがあるが、いずれも分子が大きく、髪の内部までは浸透せず表面に染着。髪や頭皮への刺激は少ないが、染毛力が弱いという。

 新開発したグロス染料は酸化染料より分子が大きく、頭皮に入り込みにくいためアレルギーのリスクを大幅に低減できる。さらに、アルカリ剤、過酸化水素を使っていないため、ダメージがなく、低刺激のカラーリングを可能にする。

 またグロス染料は既に発色している染料のため、過酸化水素を使う必要がなく、酸化によるダメージがない。髪のキューティクル層付近に多く染着するため均一に光が反射し、髪に自然なツヤができる。くすみにくく、彩度が高い発色も可能にするという。

Follow

福井新聞

on

©株式会社福井新聞社

ニュースは福井新聞D刊 

電子新聞「福井新聞D刊」はニュースが満載。福井新聞の紙面をはじめ速報、主要ニュース、特集記事などビジネスや日々の生活に役立つ情報をお届けします。

お申し込みはこちらから