FBIの捜査に政治的偏向なし

クリントン氏私用メール問題で

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米司法省は14日、2016年大統領選の民主党候補クリントン氏が国務長官時代に私用メールを使っていた問題を巡り、当時の連邦捜査局(FBI)の捜査に政治的偏向はなかったとする調査結果を発表した。クリントン氏を訴追しなかった捜査結果を覆さない方針を示した。

 トランプ大統領は就任後、ロシア疑惑捜査を指揮していたコミーFBI長官を解任し、捜査が偏向していると繰り返し批判していた。

 また、FBI監察官は調査結果の中で、16年11月の投票日直前にコミー氏がクリントン氏再捜査を発表したことについて「重大な判断ミスを犯した」と非難した。