モンテールの和洋折衷スイーツに夏の新商品が登場

モンテールの和洋折衷スイーツに夏の新商品が登場

 モンテールは、和菓子と洋菓子を融合させた「わスイーツ」シリーズより、夏の新商品5品を7月1日から全国のスーパーで発売する。

 まずは、もっちり食感の生地の中に和素材のペーストとクリームが詰まった「もちもちのつつみ」から新商品2品が登場。「もちもちのつつみ・みたらし&こしあんクリーム」は、「こしあんクリーム」と甘辛い「みたらしペースト」を2層に重ね、あずきとみたらしの両方の味わいが楽しめるように仕立てた商品。「もちもちのつつみ・桔梗信玄餅風」は、山梨を代表する銘菓である「桔梗信玄餅」の味わいを、「きなこクリーム」と、沖縄産黒糖を使用した「黒蜜ペースト」、そしてもちもち食感の生地の組み合わせで表現した商品。いずれも、税別120円。

 わらび餅を洋風にアレンジした「わらび餠スイーツ」にも新商品2品が登場。「黒みつわらび」は、沖縄産の黒糖蜜を使用した黒みつわらびゼリーに、甘さ控えめのミルククリームをトッピングした商品。「きなこわらび」は、きな粉と牛乳を配合して、なめらかで濃厚な味わいに仕立てた、きなこミルク味のわらびゼリーが楽しめる商品。いずれも、税別200円。

 さらに、あずきクリームと塩バター餡をどら焼き生地でサンドした「ふんわりどら焼・北海道塩バター」も新登場。白餡に北海道産のバターと牛乳に塩をブレンドしすることで、濃厚なバターのコクの後に塩気が感じられる、夏にぴったりな味わいに仕立てられているという。価格は税別120円。

©株式会社イード

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。