6/15は「オウムとインコの日」 オトナ女子も欲しくなっちゃう、癒やしの小鳥モチーフ雑貨たち

6月15日は「オウムとインコの日」。その愛らしさからペットとしても愛好家の多い鳥類ですが、文房具など雑貨のモチーフとしても人気です。今回は「それどこで買ったの?」と聞かれそうなかわいい鳥雑貨をピックアップ。鳥好きの間でも人気のショップとともに紹介します。

ほかでは買えない1点モノも!「BIRD MORE」

鳥用品専門店の「BIRD MORE(バードモア)」。埼玉本店と南青山店で鳥用品や鳥グッズを扱っています。作家による委託販売品も多く、なかには1点モノも。実店舗はもちろん、ネットショップにも豊富なアイテムがそろっています。

●湿気トリキャニスター

「湿気トリキャニスター」各1080円

丸くてコロンとした小鳥の頭がフタになり、まるで顔をのぞかせているようなデザインが愛らしい「湿気トリキャニスター」。

グリーンが砂糖用の「シュガー」、ブルーが塩用の「ソルト」として販売されていますが、実はどちらを使ってもOK。素焼きの陶器で作られているため、塩や砂糖の余分な湿気を吸い取ってくれます。小鳥に見つめられて、料理が楽しくなりそう!

フタを取ったところ。中も同色

●蚊取り線香クリップスタンド(オカメ)

「蚊取り線香クリップスタンド(オカメ)」626円

「蚊取り線香クリップスタンド(オカメ)」は、蚊取り線香をはさむだけで使える便利なアイテム。

はさんだ位置で自然に火が消えるので、消し忘れもなく安心です。玄関などに置くのはもちろん、アウトドアに持っていっても癒やされそうですね。

使いやすいデザイン雑貨がそろう「KOTORITACHI」

鳥をモチーフにした洋服と雑貨ブランドの「KOTORITACHI(コトリタチ)」。期間限定ショップやイベント出店で人気ですが、実はネットショップもあります。思わず目を引くカラフルなアイテムが多いのが特徴です。

●シリアルボウル

「シリアルボウル(全3種)」写真上から時計回りに「地面の鳥」「野鳥」「ヘビクイワシ」、各864円

鳥と植物を絵画のようにデザインした、北欧テイストの「シリアルボウル」。絵柄は3種類あって「地面の鳥」以外の2種類は順次入れ替えているそうです。

6.5cmの深さを生かしてスープカップやサラダカップ、ミニ丼など使い道はいろいろ。同じシリーズでマグカップやパスタ皿もあります。

●ステンレスフードポット

「ステンレスフードポット(全3種)」写真左からグレー、ブルー、イエロー。各2160円

3色展開の「ステンレスフードポット」には、セキセイインコやオカメインコなど9種類の小鳥が、ぐるりと一周、描かれています。イラストがしずく型になっているのは、水浴びが好きな小鳥たちをイメージしているからだそう。

温・冷どちらにも対応しているので、これからの季節は冷たいスープを入れて持ち歩いてもいいですね。

やさしい色使いが魅力の「BIRDSTORYSHOP」

ステーショナリーを中心に、テーブルウェアなども手がける「BIRDSTORYSHOP(バードストーリーショップ)」。鳥好きの人なら誰もが知る「ことりカフェ」でも販売されていますが、自社のネットショップなら在庫も豊富です。オリジナルデザインのほか、クリエイターとコラボした商品もあって魅力的。

●BirdBirdBird! コインケース(ホワイト)

「BirdBirdBird! コインケース(ホワイト)」1620円

たくさんの小鳥のイラストが散りばめられた「BirdBirdBird! コインケース(ホワイト)」は、カラフルながらも大人っぽいデザイン。小銭入れとしてはもちろん、イヤホンやアクセサリーなどの小物を入れるのにもピッタリです。

●マスキングテープ(BirdBirdBird!)

「マスキングテープ(BirdBirdBird!)」702円

「マスキングテープ(BirdBirdBird!)」は、よく見るインコのほか、ピンク色をしたアキクサインコなどの珍しい小鳥が描かれた一品。ほかにあまりないデザインは、小鳥グッズ専門店ならではです。ちぎるたびに違う小鳥が登場するので、貼り方によっていろんな表情が楽しめますね。

マスキングテープ使用例

かわいらしい小鳥のデザインは、見ているだけで癒やされるという人も多いはず。とくに専門店のネットショップには、今回紹介した商品以外にも驚くほどたくさんのアイテムがそろっているので、ぜひ一度のぞいてみて。

BIRD MORE http://www.birdmore-ec.com/

KOTORITACHI http://kotoritachi.com/

BIRDSTORYSHOP http://birdstoryshop.net/

(ライター/細渕さちこ)

Follow

リビングくらしナビ

on

©株式会社サンケイリビング新聞社