きょうにも台風に発達、沖縄接近へ 熱帯低気圧 大雨の恐れ

 気象庁は15日までに、南シナ海の熱帯低気圧が24時間以内に台風となり、15日には先島諸島に接近する見込みだと発表した。沖縄地方は非常に激しい雨が降り、強風で海が荒れる恐れもある。

 熱帯低気圧は15日午前3時現在、与那国島の西南西約360キロにあって、ゆっくりした速さで北東へ進んでいる。中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

 沖縄本島地方と先島諸島では15日にかけて、多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が雷を伴って降る見込み。気象庁は、土砂災害や河川の増水などに警戒を呼び掛けている。

 熱帯低気圧の中心は、15日午後3時には与那国島付近に達する見込み。中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルが予想される。

 熱帯低気圧はその後、台風となる見込みで、16日午前3時には那覇市の西南西(北緯25度40分、東経126度30分)を中心とする半径200キロの円内に達する恐れがある。

熱帯低気圧の進路予想図(気象庁HPより)

©株式会社沖縄タイムス社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。