FC岐阜ワンコインで応援を ホーム2試合

 サッカーJ2・FC岐阜は、6月後半から行われるホーム長良川競技場(岐阜市長良福光)での2試合で、自由席を前売り500円(当日千円)で販売する。レノファ山口戦(23日)は岐阜市民が自由席で無料観戦でき、クラブのマスコットキャラクター「ギッフィー」は「みんなで応援してスタジアムを盛り上げてほしい」と来場を呼び掛けた。

 14日に開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に合わせて、岐阜から日本のサッカーを盛り上げようと企画。500円での観戦対象試合は17日の町田ゼルビア戦と来月8日の愛媛FC戦で、バックホーム自由席とホームゴール裏自由席。通常価格から1200~1700円安くなる。

 この3試合では、W杯にちなんだ世界各国のグルメを屋台村で販売。ハーフタイムには花火の打ち上げもある。

 岐阜新聞本社を訪れたギッフィーと、企画広報チームリーダーの小林睦さんらは「スタジアムへ足を運び、FC岐阜がさらに上の順位を目指せるよう、選手を後押ししてほしい」と話した。

FC岐阜ホーム戦の来場を呼び掛けるギッフィー(中央)とクラブスタッフ=岐阜新聞本社

©株式会社岐阜新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。