高齢運転者、操作ミス31%

死亡事故、75歳未満の倍

 政府は15日の閣議で、2018年版「交通安全白書」を決定した。17年に発生した死亡事故で、75歳以上の高齢ドライバーが起こした418件のうち、ブレーキとアクセルの踏み間違いといった操作ミスが原因だったのは31%を占め、75歳未満の事故原因に比べて約2倍に上った。自動運転や自動ブレーキなどの先進技術が「事故の減少に大きく貢献する可能性がある」とも指摘した。

 75歳以上のドライバーの事故原因は、操作ミスに続き、安全不確認24%、考え事をするなどの漫然運転15%の順に多かった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む